自分の分身に仕事をさせる技術

自分の分身に仕事をさせる技術

世の中には二種類の人間がいます。

それは「仕組み」を作る人間と「仕組み」のお世話になる人間です。

「仕組み」を作ることができれば、自分の分身が勝手に働いてくれるようになるでしょう。

皆さんは、「仕組み」を作ることができているでしょうか?

エスタ公式ホームページで
エスタの秘密を知る!

仕組みを作れば、使える時間は大きく増える

時間がない…。」と多くの現代人が嘆いていますが、嘆いたところで一日24時間というルールを変えることはできません。

しかし、自分のような人間を2人・3人・4人…と無限に増やす方法なら存在します。

誰もが、1日24時間の中で生活しているはずなのに、とんでもない数の仕事と遊びをやってのける活動的な人と、動きの少ないつまらない人生に甘んじている人がいます。

それは努力や才能の差ではなく、単純に「仕組み」を作ることができているかどうかの差なのです。

さて、「仕組み」を作るとはどういうことでしょうか?

難しく聞こえるかもしれませんが、今の時代、インターネットを駆使すれば誰でも仕組みを作ることができるはずです。

仕組み=自分の代わりに働いてくれるもの

本節で紹介する「仕組み」について定義すると「自分が手間をかけなくても、仕組みさえ稼働し続ければ半永久的に収益をもたらしてくれるもの」ということになります。

例えば、ブログやYouTube。

これらは最初こそ大変ですが、ネット上にアップすることができれば、後は24時間訪問者がいる限り広告収入を稼いでくれるでしょう。

イメージで言えば、ネット上に自分のブランドの自動販売機を設置するようなものですね。

ただ残念ながら、誰もがこの収益モデルを確立できるわけではありません。

なぜなら、基本的に儲かる事業には人が集まってしまうもの、つまり競争が激しくなるからです。

また単純に、最初に充てるべき労力を考えて、億劫になってしまう人もいるでしょう。

だからこそ、私はESTAのような、まだ広まっていない稼ぎ方から仕組みを発掘することをおすすめします。

安心かつ安定的に、スキルや年齢関係なく稼げて、初期費用もほとんど発生しない。

知れ渡れば間違いなく人が殺到するようなビジネスモデルなので、「仕組み」を持ちたい…少しでも生活を楽にしたい…そんな方の助け舟となるのではないでしょうか。

エスタ公式ホームページで
エスタの秘密を知る!
TOPページを見る